モデルのような小顔は手に入る!憧れの自分の叶え方

小顔になる方法

看護師

小顔になる方法はこの世にたくさんあります。確実に小顔になりたい方のために小顔に関する情報をまとめてみました!あなたに合った方法を取り入れて、憧れの小顔をGETしてみてくださいね。

詳しく見る

プロの手を借りる

顔に触れる女性

手っ取り早く小顔になりたい、確実に小顔になりたいという方は、美容整形がおすすめです。「整形ってなんだか怖い」と思っている方もいるかと思いますが、今は簡単に受けられるプチ整形もあります。ここでは初めての方でも受けやすい施術方法をご紹介します。

詳しく見る

美容整形外科の選び方

女性

美容整形で小顔形成の施術を受けたいという方は、クリニックの選び方を知っておきましょう。信頼できるクリニックを見つけておくことが後悔しないための道です。ここで紹介している選び方を参考に、是非自分に合ったクリニックを見つけてください。

詳しく見る

小顔が与える効果

鏡を見る婦人

みんなが小顔になりたいワケ

小顔になりたい!と考えている方もたくさんいますし、モデルや女優のような小顔に憧れますよね。小顔の方は人目を惹きつけますし、異性にも持てます。この記事を読んでいる方にも顔の大きさやエラ張りで悩んでいる方もいるかも知れません。顔が大きいと目や他のパーツが小さく見えたり、顔の印象が薄くなったりしないか心配になりますが、今は様々な小顔になれる方法があるので、憧れの自分も夢じゃありません。ここでは小顔で得られる効果をご紹介していきたいと思います。
小顔で得られるメリットは、まず、どんなヘアスタイルも似合うので、好きなヘアスタイルやオシャレを楽しむことができます。思い切ってショートヘアにしても似合いますし、より小顔効果を高められるかもしれません。特に女性はオシャレを楽しむことで、自身も生まれてオーラも出てきます。他にも目が大きく見えたり、スタイルアップして見えたりします。遠目に見た時に小顔だと「あの人何頭身あるんだろう!?」と気になってしまいますし、顎周りがスッキリするだけでも人は顔が小さいなと感じます。
では、小顔になるにはどうしたらいいのでしょうか。その方法はたくさんあります。セルフケアで小顔になる方法、美容の専門家の手を借りる方法があります。どちらの方法もメリットはありますから、まずは自身の目的を明確にしてどういうスタイルになりたいか考えてみることから始めましょう。

小顔になれない理由

小顔になりたいのに、小顔になれない理由はいくつかあります。その理由を知らずして小顔になるためにせっせと頑張っていても顔は大きいまま……ということになりかねません。ですから、あなたがもし大きい顔で悩んでいるのであれば、まずその要因を知りましょう。もしかするとちょっとしたケアや取り組みで驚くほど変わるかもしれません。
顔が大きく感じるのには、いくつかの理由があります。まず、1つめはむくんで顔が大きくなることです。体内の水分がうまく排出されず、顔がむくんで腫れたように大きく見えてしまうのです。顔がパンパンにむくんでいては、目も腫れぼったくなってメイクのノリも最悪です。目を大きく見せたい方も多く、アイメイクにこだわったりマスカラで丁寧に仕上げたりそんな努力を重ねている方もいますよね。なのに、むくみで目が腫れぼったくなってしまっては美しくありませんし、メイクの効果も半減してしまいます。むくんでしまう原因は塩分の摂り過ぎや肩・首の凝りで血行の循環が悪くなって冷えてむくんでいることもあります。凝りをほぐしたり、食生活を見直したりしましょう。2つめはたるみです。顔の筋肉が衰えて、頬の肉や顎の肉が垂れ下がってフェイスラインが崩れてくると顔が大きく見えてしまいます。たるみによる作用がそれだけなら良いのですが、残念ながらそうではないのが現実です。たるみによって口角が下がって見えたり、ほうれい線が浮き出てきたり老けた印象を与えるのです。そうならないためにも日頃の姿勢に意識を向けましょう。特にスマホが普及した今、移動中や待ち時間などスマホをいじって下を向いている人が多いので、意識して過ごしましょう。そして3つめは、脂肪の蓄積です。これは当然のことですので、そういう場合は小顔ケアだけを取り入れてつつも太る原因を作ってしまった生活を考えなければいけません。太ってしまうと、頬や顎に余分な脂肪がついて顔が大きく見えます。「写真を見たら二重あごでびっくり」ということにならないためにも、きちんとケアしていきましょう。顔は比較的変化がわかりやすいパーツでもあるので、マッサージなども取り入れて効果を高めていきましょう。そして4つめが、顔のゆがみです。美しい顔と言われるのは左右対称という説があります。顔がゆがむと、左右のバランスを崩して美しく見えなかったり、ゆがみが原因で老廃物が溜まって顔が肥大して見えたりします。肥大化を避けるためにも、噛む時の癖や頬杖をつく癖を治しておきましょう。顔のゆがみは美しさだけではなく、健康にも良くないので改善することをおすすめします。顔のゆがみや顎のゆがみが大きい時は自分でなんとかしようとせず、口腔外科などの専門医に相談しましょう。セルフケアに挑戦しても、中々小顔効果が得られないと思ったら、ボトックス注射のようなプチ整形に挑戦してみるのがお勧めです。施術自体は15分程度で終わりますし、ダウンタイムも殆どありません。半年ほどすると効果がなくなるので、まずはお試ししてみたいという人にうってつけの施術なのです。実際に受ける前には、しっかりとカウンセリングで相談をすることが大切です。

Copyright© 2019 モデルのような小顔は手に入る!憧れの自分の叶え方 All Rights Reserved.