モデルのような小顔は手に入る!憧れの自分の叶え方

小顔になる方法

看護師

小顔を諦めない

顔が大きくて悩むことはあっても、小顔で悩むことはあまりありません。「でも生まれつきのものだから小顔は諦めている」という方がいるなら、声を大にして「小顔は簡単に手に入ります!」と教えてあげたいです。21世紀を迎え、文明は発展し続けていますし簡単に小顔が叶う時代になりましたし、美容に関する新たな発見もたくさんあります。医療も発達して、昔のように整形を行うのにすごく時間がかかっていた時代とは違います。医療機器や技術も発達していますし、お金をかけないでも簡単に日帰りで美容整形を受けられます。なので、「私なんか……」と悲観しないでくださいね。
小顔になる方法は、大きく分けて2つです。セルフケアで小顔になる方法とプロの手を借りる方法です。セルフケアを取り入れるなら、小顔になるための知識が必要になってきますし、地道にコツコツ行うようにしましょう。マッサージや美顔器などを使って毎日行うと小顔に近づけますよ。また、体重管理やむくみ予防など生活習慣を見直していくことも大切です。頬がたるんできたなと感じたらマッサージだけではなく表情筋など鍛えていきましょう。ですが、セルフケアでも限界がありますし、効果にも差があります。手っ取り早く確実に小顔になりたい方は美容整形などプロの手を借りましょう。ボトックス注射などで簡単に小顔になれますし、エラを削る必要もありません。副作用も少ないプチ整形になります。初めてで不安な方は、プチ整形から挑戦してみてはいかがですか?

自己流の小顔矯正は危険

小顔矯正を試している方もいるかと思いますが、自己流の小顔矯正はとても危険です。筋肉や皮膚を軽くマッサージする程度であればそこまで気にすることもありませんが、骨格を矯正するということであれば自己流での矯正はおすすめしません。何故ならば、顔は22個の骨が組み合わさって絶妙なバランスできているからです。ですから、自己流で骨格を触って小顔矯正をするのであれば、頭蓋骨などを含めた1つ1つの骨の複雑な役割を知らなくてはいけません。体のゆがみを正してくれる柔道整復師なども、国家資格ですし専門知識がないとできないのです。もし自己流で行って間違った方法を取り入れてしまったら、健康被害が出てしまうことも否めません。小顔矯正は力加減が強すぎたりすると、腫れたりすることもあるので、リスクの少ない施術が安心して受けることができます。
プロに小顔矯正をお願いする時も気をつけるポイントがあります。そこで勘違いしてはいけないのが「痛いから効くだろう」ということです。痛いから骨が正しい位置に矯正されていると思ってはいけません。痛みを感じる場合は、力が強すぎることもあるからです。

Copyright© 2019 モデルのような小顔は手に入る!憧れの自分の叶え方 All Rights Reserved.